2016年10月13日木曜日

ファサード工事

某動物病院新築工事のファサード看板の上に、いぶし瓦を採用していただきました。


工務店さんが、打合せ通り割付を完璧にしてくれました。


しかし、瓦工事を残し、すでに仕上がっているので、養生には気を使いました。

「マスカー」と呼ばれる養生材で全体をカバーし、汚れを防止しました。

最近まで知識不足だったのですが、壁際の「のし瓦」を積んだ時なんかにも使えて便利なグッズです。


玄関先の一番目につく場所。

バランスを考え小瓦(80枚判)の軒瓦を使用し、細心の注意を払いながらの施工となりました。


丸瓦の下に入る「メンド瓦」も、万が一の落下に備え、銅線で留め付け。

video

丸瓦は半端な瓦が入らないように、一枚ずつカットしてバランずよく配置しました。


完成!

施主様に、「イメージよりいい感じに仕上がりました!」って言っていただき、ほっと一安心。

屋根は残念ながら板金でしたが、目立つところに瓦を採用していただき感謝です。


0 件のコメント:

コメントを投稿