2022年5月20日金曜日

AWAJISHIMA & HAWAII 2022

 来週末、淡路島 慶野松原海水浴場 芝生広場はハワイに!

各地から参加されるフラ/タヒチアンダンサーが海をバックに終日繰り広げられるステージショー。

ハワイ飯をはじめ、淡路島特産の食材などのキッチンカーも多数集結。

また、ハワイアン雑貨やアパレル、お洒落な雑貨などの物販ブースも多数参加します。

このようなイベントに、淡路島の地場産業ということで、淡路瓦にもお声がけいただき、淡路瓦工業組合のメンバーで物販ブースに出店して、瓦の小物販売や瓦のPRをさせていただくことになりました。

開催日時:2022年5月28日(土)~29日(日)10:00~18:00

     雨天決行(荒天中止)入場無料

是非! 来週末は淡路島にお越しください。

公式ホームページ→ AWAJISHIMA & HAWAII

2022年5月12日木曜日

特注品製作中

 亀をモチーフにした「壁飾り」と「棟素丸」のご注文をいただき、製作が始まりました。

まずは、壁飾りからスタート。

何と!今回、発注先のオーナー様から「ぜひ女性鬼師に作って欲しい」とご依頼を受け、いつもお世話になっている タツミ さんに協力していただくことになりました。

女性鬼師さんは、タツミさんの社長の奥様。
兵庫県伝統的工芸品指定認証を受けているタツミさん。
その伝統を受け継ぐべく、現在奮闘されています。

「今回初めてご指名を受け、非常に嬉しいので頑張ります!」
と、有難いお言葉。

発注元のオーナー様からも、「ストーリー性を感じたいので、逐一、製作の様子の写真を送ってくれませんか?」と言われていますので、タツミさんにはお手間お掛けしていますが、撮影もお願いしています。

ハンドメイドでオンリーワンの商品をつくれるのも「淡路瓦」の良さの一つ。
完成が楽しみです。






2022年4月29日金曜日

GW休暇のお知らせ

 今日から世間ではゴールデンウイーク。

長い所では10連休とか。3年ぶりに移動制限のない連休なので、多くの方が旅行、帰省等を楽しまれるかと思います。

一週間程前、得意先からご子息のスポーツの大会が淡路島であるので、ホテルを捜したそうですが、どこも満室との事。その後は確認していないので、どこか予約ができていればいいのですが、、。

さて、弊社のGW休暇は、4月30日(土)~5月5日(木)まで。

6日(金)からは通常営業ですので、宜しくお願い申し上げます。


コロナ渦の影響もあり、一度訪れたいと思っていた「ミナカ小田原」に先日ようやく行ってきました。


JR小田原駅東口の再開発で、近代的なビルの前に江戸時代にタイムスリップしたような街並み。

ローソンもシックな佇まい。
このようなコンビニが全国に増えればいいですね。






複合ビルに入居しているホテルのロビーからは、瓦屋根が間近に!

このようなデザインをしてくれた設計士様には感謝です。

江戸情緒溢れる「ミナカ小田原」

この連休中に行かれてみてはいかがですか?

詳しくは→→→ ミナカ小田原

2022年4月15日金曜日

淡路瓦 昭和窯業株式会社 SDGs行動宣言

 

当社はSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け、

「淡路瓦 昭和窯業株式会社 SDGs行動宣言」を掲げ、全従業員が輪になって持続可能な社会、循環型社会の実現に向けた活動を実践していきます。

淡路瓦(粘土瓦)は、アスベスト等を含まない淡路島産粘土100%を原料とし、また「耐久性」「遮音性」「断熱性」等の効果があり、「住み続けられるまちづくりを」に正しく合致します。

詳しい取り組み内容は弊社ホームページをご覧ください。

  ↓ ↓ ↓

昭和窯業株式会社

2022年2月13日日曜日

プロポーズ瓦コンテスト2022

 明日14日は「バレンタインデー」

約5万本の淡路黒松と白い砂浜と夕日が絶景の「慶野松原国立公園」内に「プロポーズ街道」という遊歩道があり、今まで制作された「プロポーズ瓦」が約1,000枚飾られています。

毎年、バレンタインデーの前日に、昨年度応募のあった作品を、淡路島観光協会淡路瓦工業組合共催で「プロポーズ瓦コンテスト」を行っており、今日が審査会でした。

近畿圏を中心に、遠くは山口県、千葉県などから応募者があり、厳正な審査の下、3作品が優秀賞に選ばれました。

珍しく雨が降りしきる中での審査会でしたが、神戸新聞社様、NHK様にも取材に来ていただき、ありがとうございました。

今日の模様は、今夜NHKの18:45~の兵庫県内ニュースで放送される予定です。

(番組内容等により放送日は変更になる可能性があります)

作品は永遠に飾られますので、絶景の慶野松原で「瓦ぬ愛」を誓ってみてはいかがですか?

制作のご予約は→→→ https://www.awaji-taiken.com/propose

淡路島で採れる粘土100%でつくる「プロポーズ瓦」

自然素材に触れ、オンリーワンの作品を作り、「瓦ぬ愛」を誓い、将来そのカップルが、ご自宅を新築またはリフォームされる際、淡路瓦を使ってくれたら嬉しいですね。


2022年2月12日土曜日

ガイドライン工法(2021年改訂版)

 平板瓦の新築工事が現在進行中です。


立春が過ぎたとは言え、まだまだ寒い中、現場で作業する職人さんには頭が下がります。

建築基準法の告示基準(昭和46年建設省告示第109号)の改正があり、令和4年1月1日から新築物件に対し「瓦屋根の緊結方法」が強化されました。

元々、「ガイドライン工法(強風対策)」で工事をしていましたので、施工方法に変化はないのですが、完了(中間)申請書に「工事管理報告書」の添付が義務付けられ、釘、ネジ等の仕様、緊結状況など部位ごとの写真を撮り、「品質管理記録」の提出をしなければなりません。

ひと手間かかりますが、工事内容の「見える化」により、安心して「粘土瓦」を使用していただければ!との思いで書類作成ガンバリマス。


2022年2月7日月曜日

瓦屋根の性能について

 立春は過ぎましたが、まだしばらく寒い日が続きますね。

夏になれば猛暑日が続いたり、近年の気候変動による影響で、ますます住環境の性能が問われる時代になりました。


建築デザインの洋風化、地震、台風などの自然災害発生後の風評被害等で、現在「瓦屋根」の置かれている状況は非常事態宣言発令!っていうくらい瀕死の状況ですが、とっても自然に優しい屋根材なのです。
まずは、粘土100%で出来た瓦自体に断熱性がありますが、瓦と野地板の間には空気層が多く断熱性が高いのです。
冬場は、日中蓄えられた熱が日没後の温度低下をゆるやかにし、冷気をシャットアウト。
夏場は、日差しの熱を瓦が吸収し屋内に入れないので、他の屋根材に比べ爽やか。
また、夕立があれば、約10%の吸水率のある瓦が「気化熱」の原理で、熱帯夜を少し和らげる効果がありヒートアイランド現象軽減にも一役買います。
ですから、コンクリートジャングルの大都会でこそ、瓦屋根が増えればいいですよね。

冬暖かく、夏涼しく。ということは、冷暖房費の削減にもつながります。
昨今、光熱費が高騰していますので、他の屋根材に比べ、初期コストは高くつきますが、基本的にメンテナンスフリーな瓦。ランニングコストが安くつき、長期的に考えれば、とてもお財布に優しい屋根材なのです。

また、日常茶飯事的に、廃盤になったり、倒産したメーカーの屋根材の問合せがあります。
しかし、和瓦はメーカーが違ってもメンテナンス可能な互換性が優れた屋根材なのです。

それから「遮音性」の高さも瓦の良さの一つ。
雨が降って来ても分からないほど。板金の屋根だとかなりうるさいそうですよ。

40~50年、またそれ以上住み続ける家。
デザインも重要ですが、ランニングコスト、メンテナンス時の対応等検討の上、屋根材を選ぶようにしてくださいね。

SDGs(持続可能な開発目標)の「気候変動に具体的な対策を」