2017年2月27日月曜日

地震大国、日本

地震大国、日本。
建築基準法が定める安全性に応えるため、淡路瓦工業組合加盟各社が開発した「瓦にツメや突起物」を付けて、耐風性能や耐震性能を高めた「防災瓦」が現在では普及しています。

さらに、平成12年6月の建築基準法の大幅な改定により、屋根の工事方法も、それまでの「仕様規定」から「性能規定」に変わり、瓦製造業界と瓦施工業界が「性能規定」に沿った瓦業界独自の「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」を作成しました。

この工法の耐震性を確認するために、平成19年2月に、兵庫県三木市にある「E-ディフェンス」で行われた、京都大学防災研究所の「伝統構造木造建物振動実験」に淡路瓦を「ガイドライン工法」で施工し、実験に参画しました。

2棟の切妻屋根の実物大住宅を使用し、実験で使われた地震加速度は阪神淡路大震災と同じ1300ガルという猛烈なものでしたが、「ガイドライン工法」の瓦屋根は1枚もずり落ちず、阪神淡路大震災クラスの震度7に耐えられる充分な強さがあることが証明されました。

実験の模様はコチラ
 ↓  ↓  ↓

しっかりとした土台、柱、耐力壁にすれば、「重い!!!」と言われている瓦屋根ですが、大地震でも耐えうることが実証されました。

数十年に渡り住み続ける家。瓦くらい載せられる丈夫な躯体造りを考えてみませんか?


なお、この動画は淡路瓦工業組合HPのトップページからもご覧いただけます。

2017年2月24日金曜日

REFORM展

いつもお世話になっている地元淡路島の工務店船越工務店様。

今週末REFORM展を開催します。



思い出の詰まった生まれ育った家を大改造!

無垢材、珪藻土、和紙を使った仕上げ、オーダーによる製作家具など見所いっぱいです。

陸屋根の物件のため、今回弊社の出る幕はありませんでしたが、是非この機会にリフォームをお考えの方はREFORM展にお越しください。

開催日時:2月25日(土)26日(日)の2日間(完全予約制)
開催時間:10:00~16:00(受付は15:30まで)
開催場所:西淡三原ICから車で5分
    (詳しい場所はお電話でご確認ください)
お問合せ:船越工務店株式会社
     ℡ 0799-36-3244

2017年2月23日木曜日

松屋フーズ

瓦屋が勝手に松屋フーズの「瓦葺(かわらぶき)社長」応援キャンペーン。

昨年新社長に就任され、瓦業界のある方がSNSにアップしたのを見て、瓦業界では「瓦葺社長」に親近感を覚え、各関係者がそれぞれ松屋フーズの牛めしやとんかつを出来るだけ食べよう!と地道な活動を展開中です。
※調べて分かりましたが創業者の現会長さんも瓦葺さんでした。(新社長は長男ですから当然ですが…)


私も島外に行ったときは何度か行きましたが、残念ながら淡路島には店舗がありません。
(現在、吉野家とすき家のみ)

通販サイトで購入は可能ですが・・・・。



存在は知っていたのですが、何と!松屋キッチンカーが関西エリアでも展開開始!

200~1000食くらい見込める催事(イベント、展示会、運動会など)に出張してくれるそうです。

何かの瓦のイベントで呼んでみたいですね(^^)


2017年2月22日水曜日

ルーフィング(下葺材)

屋根には、瓦をはじめ様々な屋根材が使用されています。

屋根材だけでは雨水を100%防ぐことは不可能です。

一次防水の屋根材とセットで、二次防水のルーフィング(防水シート)は、施工後見えませんが、役割は非常に重要です。

ルーフィングには、アスファルトルーフィング、改質ルーフィング(通称ゴムアス)、高分子系ルーフィングなどがあり、現在、瓦の場合は改質アスファルトルーフィングが一般的に多く使用されています。

【改質アスファルトルーフィング】

アスファルトルーフィングは、防水性能はもちろんありますが、高温で柔らかくなりすぎたり、低温で割れてしまいやすいといった弱点があります。
改質アスファルトルーフィング(ゴムアス)は、ポリマー等を添加し機能を向上させ、広い温度範囲で優れて、弾性を持ち、釘穴などに対するシール性(止水性)などが優れている特長があります。

【遮熱性ルーフィング】

表面にアルミなどを付けることにより、輻射熱を反射し、野地の温度上昇を抑える機能があります。


【粘着層付ルーフィング】

通常のルーフィングはタッカー(ホッチキスみたいなもの)で留め付けしますが、これは名前のごとく裏面に粘着層があるので、タッカーを使用せず貼り付けるものです。
緩い勾配屋根や、化粧スレートの上に板金などの屋根材を葺く(カバー工法)などの改修工事などで使用されます。

一口にルーフィングといっても様々なタイプ、価格帯があります。

屋根材は勿論の事、大事な屋根を雨水から守ってくれるルーフィング。

新築・改修の際、ちょっとこだわってみてはいかがですか?

2017年2月21日火曜日

若人の広場

昨日移動途中、一昨年整備された「若人の広場」に立ち寄りました。

               【南あわじ市HPより】

戦時中に学徒動員されたことにより戦没した若者を追悼することを目的として、1967年に開設され、1994年閉園した後、阪神淡路大震災により被害を受け、10年以上放置されていましたが、2015年に順次再整備され、一部が都市公園として再開園しました。
故丹下健三設計による高さ25mある鎮魂の塔「慰霊塔・永遠のともしび」を中心とし、戦没学徒の遺品などを展示する資料館などがあります。


再整備された公園内のトイレは、正しく瓦のオンパレード。
屋根瓦は陶器平板瓦。


目隠しの役割をする壁には瓦ブロックが多用されています。


壁にも淡路瓦「黒陶タイル」が。

高台にありますので鳴門海峡の絶景が望めるビュースポット。

戦後72年。機会があれば、今の平和な日本の礎になり、若くして命を落とした学徒の思いを感じてみてください。

2017年2月20日月曜日

太陽光発電システム設置工事

先日、家庭用の太陽光発電システム設置工事が完了しました。



Panasonic製の、瓦の下からパネルを留める架台を留め付けるアンカーボルトを出す「アンカー方式」だったので、前もって瓦に穴を開けて下準備。


このように、アンカーボルト周辺は、付属のキャップとコーキング処理で、しっかり防水処理を施します。


架台を取り付けたら、


モジュール(パネル)をどんどん上げていきます。


5.39kW完成。

売電価格は下落していますが、設備費の値下がり、電気価格の上昇などで、トータルの償却期間は短くなっています。

また、後付けの場合、屋根材とパネルとの間の隙間が遮熱効果を生み、結果として小屋裏の気温上昇を抑える効果があります。

しかし、屋根材の知識がない工事店が施工して雨漏り等のトラブル発生の事例も各地で報告されています。

施工は屋根材の専門店に依頼してくださいね。

2017年2月18日土曜日

淡路島初!キャンピングカーレンタル

今日2月18日は二十四節気の雨水。

降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になり、昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。

昨日関東地方で春一番が吹きましたが、まさに春一番が吹くころと言われています。
寒い日はまだまだありますが、三寒四温を繰り返しながら春へと向かっていきます。

春から夏に向け、淡路島では絶好のシーズン。

前置きが長くなりましたが、淡路島でログハウスを主とした木造・自然素材住宅の建築・設計・施工をしている「絆コーポレーション」様が昨年より淡路島初となるキャンピングカーのレンタル会社「kizunaキャンピングカーレンタル」を立ち上げました。


もともとキャンピングカーに興味のあった私はテンションマックス!

トラックベースとは思えないほど、カッコいいフォルム!

オーナー様は昨年、北海道、九州へ行かれたそうです(羨まし~~~い)


スタッドレスタイヤを装着しているので、先日は地元の人が兵庫県香住町までカニ旅行に行かれたそうです。

また、京阪神からだとお遍路さん(四国八十八カ所巡り)や四国方面への旅行は淡路島が通過場所。

自家用車で淡路島まで来て、キャンピングカーをレンタルすれば、レンタル代の節約にもつながります。

う~ん。ブログを書いていたら、ますますこれを借りてどこか旅行に行きたくなってきました。


場所は、天気が良ければ瀬戸内海に沈む夕陽を毎日望める海沿いの絶好のロケーションでもちろんログハウス。

高嶺の花キャンピングカーですが、気軽にレンタルして、思い出作りいかかですか?

詳しくは→ kizunaキャンピングカーレンタル