2017年12月30日土曜日

今年もお世話になりました。

弊社は昨日が仕事納め。

今年も弊社の瓦をご使用していただいたお得意先様、エンドユーザー様、誠にありがとうございました。

また、このブログ、Facebook、Twitter等のページをご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。



事務所の正月飾りも終わり、1月7日(日)まで、お休みさせていただきます。


事務所の定位置には来年の日めくりカレンダーもセット。

昨今日めくりカレンダーが少なくなっているので、お得意先様には地味に人気を博しています(笑)

建築の洋風化、地震等の自然災害での風評被害など、和瓦の行く先は益々厳しさを増していますが、「日本の原風景」には欠かせない「瓦」

ブログなど各SNSを通し、出来るだけ分かりやすく「瓦の良さ」をお伝えできればと思いますので、来年も御贔屓の程宜しくお願い申し上げます。

それでは皆様よいお年をお迎えください。



2017年12月23日土曜日

産業廃棄物収集運搬業許可

ブログ以外のSNSはアップしているのですが、またまたブログを一カ月も放置していました(;´・ω・)

先日、数カ月前から申請していた「産業廃棄物収集運搬業」の許可が認定されたので、早速ステッカーを注文し、各登録車両に貼り付けました。




講習は丸々二日間あり、普段使わない脳みそがパンク寸前でしたが、試験も無事合格し、その後の手続きはかなり面倒でしたが、何とか許可書をいただきました。

さて、年末年始の休日のご案内ですが、

平成29年12月30日(土)~平成30年1月7日(日)

年始は8日(月)からの営業となります。

毎年ですが、年始は長期間休業する窯元が多いので、年内の事前発注のご協力をしていただければ助かります。



2017年11月23日木曜日

ジャパンホームショー2017

何かとバタバタしていて、久しぶりの投稿になります(-_-;)

今回は、先週東京ビックサイトで開催された「ジャパンホームショー2017」の報告です。


会場はとても広く、車移動が主な田舎者には移動だけでも疲れてしまいますが、、、。


今回のブースは昨年好評だったデザインをキーコンセプトに、三方向に開口部があり入りやすいブースだったと思います。

壁、床などの景観材を中心に展示し、多種多様な業種の方々にご来場いただけました。


あっ!忘れてましたが、この出展は弊社だけではなく、淡路瓦工業組合として出展し、加盟各社の代表的な瓦「いぶし」「黒いぶし」「古代いぶし」「洋瓦」を展示しました。


壁面に施工した100枚判。

写真では分かりませんが、現在流通している既製品で一番小さなサイズの瓦で、来場された方に「このような使い方は初めて見ました。おもしろいですね!」と嬉しい言葉をいただきました。


こちらは壁面に使用することを前提とした新商品の数々。

数年前から取り掛かっていますが、淡路瓦と同じ素材(粘土)で作った新しい取り組みです。


床材(敷瓦)も展示し、来場者の方に歩いていただき、独特な肌触りを実感していただきました。

大企業を中心に好景気が報道されていますが、全体的に展示会の出展社は少なく、正式な数字は未確認ですが、来場者数も例年より少なかったように思います。

しかし、ブースにお立ち寄りくださった方々は熱心に見学していただいたが多く、淡路瓦としては、よいPRの機会になりました。

でも来年は東京オリンピックの関係で東京ビックサイトは一般に使用できないとのこと。

さてどうなるのでしょうか????


2017年10月27日金曜日

第6回 良い食住暮らし丸ごと体験会

明後日の日曜日、NPO法人ひょうご新民家21主催の「第6回食住暮らし丸ごと体験会」がJR姫路駅北駅前広場で開催されます。


県産材を住まいと暮らしに活用することで「消費者・地域・生産者」のそれぞれに良い影響が生まれる機会づくりを目的とし、県産材に関心が薄かったり、関心があっても触れる機会が少ない人々に関心を持ってもらえるような楽しい体験型イベントです。



屋外ブースでは、ミニライブ、巨大ジェンガー、こどもサイズの家 棟上げ棟梁体験などの催し物。


地下通路では、木製雑貨販売、天然素材のしっくい塗り体験、銅板レリーフ作りなど、様々なブースがあり、淡路瓦工業組合も毎年お声がけいただき、瓦の展示、瓦小物の販売で出展します。

※上記写真は昨年の模様です。

事務局の方と、組合のPR委員の一員として、私も姫路に行きます(^-^)

天気は???台風の影響で雨の予報、最悪雨天でも地下通路は雨に濡れませんので、お越しくださいね。

なお、台風の影響により、当日中止になる可能性があります。

日時:平成29年10月29日(日)10:00~16:00  
会場:姫路駅北駅前広場(入場無料)


2017年10月23日月曜日

㈱原口 大感謝祭

秋雨前線と台風で雨ばかりだった淡路島。

まだ風は強いですが、久しぶりに太陽が出て気分も晴れやか(^-^)

しかし、まだまだ台風21号の影響がある地域もありますので、十分気を付けてください。

今日は、今週末地元淡路島で開催されるイベントの告知です。



南あわじ市を中心にLPガス、リフォーム、水道工事等を手掛けている㈱原口様の年に一度の大感謝祭。

システムキッチン、システムバス、給湯機器等の住まいの設備展示を中心に、物置、カーポートなどのエクステリアコーナーなどもあります。

弊社はリフォームコーナーの一角で、瓦の展示、雨漏り相談会と、滑りやすいタイル、お風呂等も簡単工事で劇的な効果が得られる「滑り止め塗布材 クリアグリップ」の展示、実演を行う予定です。


毎年売り切れ必死の野菜、果物等の青空市、金魚すくい、わたがし、たこ焼き、淡路島のソウルフード「ピンス焼き」などなど、ご家族連れで楽しめる催し物が盛り沢山なので、是非ご来場ください。

期日: 平成29年10月28日(土)~29日(日) 9:00~17:00
場所: 株式会社原口潮美台営業所横特設会場


2017年10月21日土曜日

千年の甍ー古代瓦を葺く③

現在、神戸市の「竹中大工道具館」で開催中の企画展「千年の甍ー古代瓦を葺く」

今回が最終回。



入口を入ると、先ず目に飛び込んでくるのが、様々な紋様の軒巴と平唐草の数々。

すでに、この時点からテンションマックスでした(^-^)

各時代の復元された鬼瓦も展示され、


飛鳥時代


奈良時代


鎌倉時代


室町時代

年代を追うごとに、立体的になっているのが良く分かります。

特別展示として、外では姫路城大天守の鯱(シャチ)が鎮座しています。




平成の大修理(2009年10月~2015年3月)の際に製作されたものの一つで、高さ190㎝、重さ280~300㎏もあり、巨大すぎて窯の中に納まらず、胴部分は上下に二分割、鰭(ひれ)も個別にし、全部で4基つくられました。

製作を指導した瓦大工・山本清一氏は愛情をこめて4基それぞれに名前を付けています。

播州一郎、次郎、三郎、四郎

一郎と次郎は姫路城大天守の大棟に据えられ、三郎は姫路城に寄付。ここで展示されているのは四郎です。

流石巨匠、茶目っ気たっぷりですね。


2017年10月20日金曜日

千年の甍ー古代瓦を葺く②

現在、神戸市の「竹中大工道具館」で開催中の企画展「千年の甍ー古代瓦を葺く」

今日はpart2です。






古代瓦を製作する工程、道具を、パネル、映像、実物で分かりやすく展示しています。




また、昔と現代の施工方法の違いも実際の屋根に葺き、これもまた分かりやすく展示されています。

ここでびっくり! 釘が貴重だったため、割板(野地板)は藁縄で縛って垂木に固定されていたそうです。

ここでお知らせ。

山本清一氏(山本瓦工業株式会社)、鈴木嘉吉氏(元奈良文化財研究所所長)を講師に迎え、「職人と語る瓦屋根のはなし」と題し、下記の日に、講演会があります。

当日先着200名(無料、申し込み不要)なので、ご興味のある方は是非!

日時:平成29年11月5日(日) 14:00~16:30(13:00会場)
会場:ラッセルホール大会場
   神戸市中央区中山手通4-10-8 TEL078-291-1117
     ↓  ↓  ↓