2017年1月16日月曜日

阪神淡路大震災から22年

淡路島が震源地だったM7.3の巨大地震「阪神淡路大震災」から明日で22年。

6,434名の尊い命が奪われ、この場を借りて改めてご冥福をお祈り申し上げます。




当時私は大分県に赴任中で、震度3の揺れで目覚め、テレビをつけたら震源地が何と淡路島。

慌てて実家に電話したら、幸い被害はありませんでした。

当時はまだ携帯電話もあまり普及しておらず、会社に電話しても不通で、ようやく繋がったのが、お昼過ぎだったと記憶しています。

1月17日だったので、まだ幸いなことに窯が稼働していなくて、在庫、設備にかなりの被害がありましたが、人的被害もありませんでした。

窯が稼働中だったら???考えただけでもゾッとします。

しかし、被害は地震後に・・・。



           

当時の屋根は「土葺き工法」が主流でした。

名前のごとく、野地板の上に土(葺き土)をおき、その上に瓦を置いているだけでした。

ほとんど瓦を留めていないので、大きな地震が来れば落ちるのは当たり前です。

しかし、この地震による報道等で、瓦の出荷は年々右肩下がりになりました。


そこで瓦業界全体で「ガイドライン工法」を作り、瓦を桟木に引っ掛けて釘留めする「引掛け桟工法」が主流となりました。

東日本大震災からも、もうすぐ丸6年。

施工方法は日々進化しています。

板金等の軽い屋根が多くなりつつある昨今ですが、瓦は基本的にメンテナンスフリー、差し替え時の互換性、雨音の軽減、不燃材なので火災時も安心などメリットもたくさんあります。

業界全体で「日本の原風景 瓦屋根」を衰退させないためにも、より一層発信力が重要だと感じている今日この頃です。




2017年1月13日金曜日

現地調査

昨日は、とある物件の現地調査。


築60年以上。

約20年前の阪神淡路大震災にも耐え、現在に至っています。


数回メンテナンスをしていますが、瓦のズレ、谷樋の劣化等による雨漏りが発生し、今回リフォーム(葺き替え)のご依頼をいただきました。


しかし、お施主様は高齢、ご子息は島外にお住まいで、今のところ淡路島には帰ってくる予定がないそうです。

これは田舎によくある全国的な社会問題。空き家になり、いずれ解体され、日本建築が無くなっていく物件が多々あります。

現在全国には820万戸も空き家があり、淡路島では「空き家率」が21.4%で、国平均13.5%や県平均13.0%を大きく上回っています。
※数値は今日の神戸新聞淡路欄から引用

そのような中でも見積り依頼をいただいたことに感謝し、精一杯見積りしたいと思います。



2017年1月12日木曜日

お寺巡り

昨日は移動中ちょっと時間があったのでお寺巡り(^^)


庇と塀。

お寺では各家紋(地紋)が軒巴に入っていることが多く、それぞれ見ているとテンションが上がります。


90°に曲がった入隅。

職人さんの丁寧な仕事が見事です。




青空の下にいぶし銀。

やはり日本人なら見るだけで落ち着く風景ですね。

2017年1月11日水曜日

南あわじ市役所

昨日は所用があり南あわじ市役所へ。



晴天の下、いぶし銀が輝いていました。

議場の外部に設置された「特注スクリーン瓦」が、デザインはもちろん、直射日光を和らげてくれます。


議場入口は桟瓦の「瓦ウォール」

常時ライトアップもされ、瓦の新しい使用方法として、各方面からのお問合せもいただいております。


外壁にも「瓦ウォール」は多用され、何度がご紹介しましたが、瓦の働き寸法ありきで設計していただいたので、サッシ周辺も瓦をカットすることなくスマートに収まっています。

また、南側上部の部分は太陽光。

「瓦スクリーン」と同じデザインの特注太陽光です。


個人的にお気に入りなのがコレ!

排水溝のグレーチングに、瓦のシャモット(瓦を砕いたもの)と小端立て瓦をデザインしたアイデア!

デザイン的にも良し、雨水をスムーズに排水できる優れものです。

来庁する度、この物件に携わることができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

沢山苦労もあり、同業者の方の多くのご協力の下、完成した南あわじ市役所。

新年がスタートしましたが、また気持ちを新たにし淡路瓦の新たな可能性を模索したいと思います。

2017年1月10日火曜日

黒陶タイル

年末年始、帰省客や観光客で、多くの方が淡路島に訪れていただきました。

電車のない車社会の淡路島では、高速道路の淡路SAも連日大賑わいだったようです。

下りSAにあるスターバックスは割肌ボーダー瓦を多用していただき、瓦業界では昔から有名ですが、数年前にリニューアルしたレストランにも淡路瓦が多く使用していただいています。

割肌ボーダー瓦




一見、瓦とは思いませんが、淡路島産粘土100%使用した淡路瓦です。


しっかり淡路瓦(タイル)についての案内板も設置しています。

屋根以外にも各社が色んな取り組みを行っています。

多くの一般客の目に触れる施設で淡路瓦を使っていただけるのは、本当に有難いことです。

実際、淡路瓦の素材感に触れていただけると嬉しいですね。


2017年1月7日土曜日

明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

投稿が一日遅れましたが、弊社の仕事始めは昨日。世間は今日より三連休ですが、弊社は日曜日以外営業中です。

お正月休みも過ぎてみればあっという間。

寝正月でどこも行っていなかったので、休みの最終日、元旦にリニューアルオープンしたうずの丘大鳴門橋記念館へ、



有難いことに、リニューアル後、淡路瓦工業組合のブースを設けていただきました。


カタログ、サンプル、パネル等を展示し、集客力のある施設で、少しでも一般の方々に淡路瓦が目に留まれば嬉しいですね。


何と、トイレの壁にも淡路瓦が!


今回のリニューアル工事で大きく変わったショップ「味市場」


その中で目に留まったのが「たまねぎ小屋のバターサブレ」

パッケージは本当の玉ねぎ小屋をモチーフに瓦葺き!

見るだけでテンションが上がりました。


売店内では淡路瓦の切り文字「瓦キューブ」も販売!


色味の違う文字がいっぱいあるので、旅の思い出にいかがでしょうか?

さて今年は酉年。

今年は羽ばたく年になれるよう頑張りますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年12月29日木曜日

仕事納め

弊社では本日が今年の仕事納め。

棚卸も無事終わり、今日は大掃除などなど。


愛車の軽トラの洗車も寒空の下頑張りました(^^)


事務所の正月飾りも終了して、このブログを書いて今年の業務は終了です。

今年を簡単に振り返りますと、昨日も北茨城で震度6弱の地震がありましたが、熊本、鳥取などで大きな地震があり、ますます瓦業界には逆風が吹いています。

また、建築の洋風化、核家族化の増加による屋根リフォームの減少などで、特に淡路瓦の販売は厳しさが増しています。

しかし、弱音を吐いても何も改善しないので、まず一人一人ができることを地道に頑張りたいと思います。

先ずは情報発信。各SNSを通して、瓦の良さを出来るだけエンドユーザー様にも分かりやすく発信の継続を、初心に帰り頑張っていきます。

さて来年の仕事始めは1月6日(金)から。

来年も宜しくお願い申し上げます。

皆様、良いお年をお迎えください。